キャンパスライフ

学生生活サポート

経済支援制度

家庭の事情、経済的理由により修学が困難な家庭の学資負担を軽減し、学生に修学を促す目的のほか、学生の能力に対して給付されることもあります。 また、大学独自の制度のほか、外部機関の制度も利用することができます。
詳細は、こちら

 

学友会・サークル活動

学友会・サークル活動については、こちら

 

アルバイト・ボランティア情報

アルバイト、ボランティアに関する求人情報は、本館3階学生ホール掲示板に紹介しています。

アルバイトをする場合は、学業に支障のないようにしましょう。また、危険を伴うものや、法令に反するもの、教育的に好ましくないもの、労働条件が不明確なアルバイトはやめましょう。

もし、アルバイト先でトラブルや事故が生じた際は、大学で紹介したアルバイトでなくても、直ちに学生支援センターに相談してください。

 

落し物情報

キャンパス内での落し物は、基本的に学生支援センターで保管します。もし学内で落し物や忘れ物を拾得した場合は、速やかに学生支援センターに届け出てください。

落し主が特定できるものは直接本人に連絡しますが、落し主を特定できないものは各自学生支援センター窓口で確認してください。

なお、電話によるお問い合わせはできません。

 

学生のための保険制度

学生の皆さんが安心して教育・研究活動を行い、充実した学生生活を送るために、入学と同時に「学生教育研究災害傷害保険(略称「学研災」)」及び「学研災付帯賠償責任保険(付帯賠責)」に加入しています。

事故が起きた際は、速やかに学生支援センターに報告してください。また、保険内容の詳細については、オリエンテーション時に配布した「加入者のしおり」をご覧ください。

*上記保険については、学生本人が加入手続きを行う必要はありません。また、加入期間は2年間です。留年等によりそれ以上在学する場合、保険料は別途徴収します。


【参考】任意で加入する付帯保険について

「学生教育研究災害傷害保険(略称「学研災」)」及び「学研災付帯賠償責任保険(付帯賠責)」では、病気や私的活動中の傷害等は補償されません。 これらを対象とする付帯保険(保険料自己負担・任意加入制)として、「学研災付帯学生生活総合保険(付帯学総)」があります。

保険内容の詳細については、オリエンテーション時に配布した「加入者のしおり」をご覧いただき、加入を希望する場合は、各自で問い合わせ、手続きを行ってください。

*「学研災付帯学生生活総合保険(付帯学総)」は、教育研究活動中以外の日常の病気・傷害や賠償責任(ただし、主に国内での活動のみ対象)に関する保険です。

 

学生寮・カレッジマンション・アパート・マンション紹介

本学では、自宅からの通学が困難な学生のために「学生寮」・「カレッジマンション」を設置しています。
詳細は、こちら

近隣のアパート・マンションについての情報を希望する方には、資料をお渡ししています。詳細につきましては、学生支援センターまでお問い合わせください。

 

防災安全に関すること

防災安全については、こちら

 

保健室

西館1階に保健室があります。開室時間は平日8:30~17:00で、けがの応急処置や体調不良時の休養に対応しています。身体面・心理面の悩みについても相談できます。 お気軽にお越しください。


●学生健康診断について

定期健康診断は「学校保健安全法」により実施が義務付けられています。やむを得ない理由で受診できなかった学生は、外部医療機関で受診し、検診結果を保健室へ提出してください。


●外部医療機関受診について

大学指定の健康診断項目を自分で受け、検査結果を大学へ提出する必要があります。詳細は保健室に問い合わせてください。

 

学生相談

「なんとなくやる気がでない」、「友人関係に悩んでいる」、「勉強がわからない」等、学生生活のあらゆる悩みについて相談したい方は、「なんでも学生相談室」にご相談ください。