学科紹介

実習・研修

実習

小・幼・保コースでは、免許・資格取得の必要条件として、小学校教諭・幼稚園教諭・保育士としての資質養成・発展のために、2年間で計5回の実習があります。

  • 幼稚園教育実習I ... 本学附属幼稚園で1年次11月〜12月に2週間
  • 保育所実習I ... 1年次2月に2週間
  • 小学校教育実習 ... 2年次6月に2週間
  • 保育所実習IIまたは施設実習I ... 2年次8月に2週間※
  • 施設実習Iまたは施設実習II ... 2年次9月〜10月に2週間※

※保育所実習II、施設実習IIについては、いずれか1つ選択します。

小学校教育実習

小学校教育実習

2年次の6月に2週間行います。子どもたちと一緒に創りあげた授業は感動!
授業だけでなく、休み時間の子どもたちとの交流で、子ども理解に努めます。


幼稚園教育実習I

幼稚園教育実習I

1年次の11月~12月に2週間、本学の附属幼稚園で実習を行います。
子どもたちのために、学生同士で協力しながら、保育の基礎を学びます。
(※小学校教諭免許状取得のための必須の実習です。)


保育所実習I/II

保育所実習I

実習Ⅰは1年次の2月に2週間、実習Ⅱは2年次の8月に2週間行います。
保育について体験的に学ぶことで、実践力を身につけます。
(施設実習2回実施の場合、保育所実習Ⅰのみ)


施設実習I / II

施設実習

2年次の9~10月(施設実習2回の学生は8月も実施)に2週間行います。
多様な利用者の理解に努め、適切な関わりについて学びます。
(保育所実習2回実施の場合、施設実習Ⅰのみ)


研修

小・幼・保コースでは、小学校教諭・幼稚園教諭としての資質向上を図るために4回の研修を実施予定です。研修には次のようなものがあります。

児教研修II

児教研修II

保育・教育の現場に触れて学びの意識を高めるために、1年次の5月に2日間の日程で実施します。小学校・幼稚園・保育園を参観して子どもたちと交流したり、短大に先輩を招いて現場のお話を聞いたりします。


児教研修III

児教研修III

1年次の7月に短大に子どもたちを招いて「児教六月灯」と称した「お店屋さん」を行い、子どもへの理解を深めたり、保育技術を高めたりすることを目的としています。


児教研修IV

児教研修IV

1年次の2月と2年次の5月に鹿児島市内の小学校で授業参観を行い、小学校教育への理解を深め、小学校教育に備えます。


児教研修VI

児教研修VI

2年次の12月に短大に子どもたちを招いて学生による劇などの創作発表を行い、表現力や企画力を高めます。