学科紹介

学長:幾留 秀一

幾留 秀一

  • 氏名 : 幾留 秀一 (イクドメ シュウイチ)
  • 職名 : 学長
  • E-mail : -
  • Webサイト : -

専門分野

昆虫学,系統分類学,生物地理学

学位

農学博士〈九州大学〉

所属学会等

日本昆虫学会,日本昆虫分類学会,日本生物地理学会,他

現在の研究課題

南西諸島におけるハナバチ類の生物地理学的研究
日本産ハナバチ類の系統分類学的研究
東アジア産 Hylaeus属の系統と種分化に関する研究

研究内容キーワード

野生ハナバチ,系統分類,生物地理,東アジア

研究業績

著書
  • 日本産ハナバチ図鑑,共著,文-総合出版,2014
  • 領域環境「新子どもと環境-理論編-」.共著,三晃書房,2008.
  • 領域環境「新子どもと環境-実技・実践編-」.共著,三晃書房,2008.
  • あっ!ハチがいる! -世界のハチとハチの巣とハチの生活-.分担執筆,晶文社出版,2004.
  • 新版「昆虫採集学」.分担執筆,九州大学出版会,2000.
  • 南西諸島産有剣ハチ・アリ類検索図説.共著,北海道大学図書刊行会,1999.
  • 日本動物大百科第10巻「昆虫類ムカシハナバチ科」.分担執筆,平凡社,1998.
  • 自然を調べる -理科自由研究ガイド-.分担執筆,木馬書館,1991.
  • 生物学通論.共著,建帛社,1990.

ほか

論文
  1. 鹿児島県産ハナバチ類の最近の研究成果.SATUMA,150:70-75, 2013.
  2. A new species belonging to the genus Hylaeus from Eastern Asia and a synonym of Hylaeus tsingtauensis (Hymenoptera, Apoidea, Colletidae). Bulletin of Kagoshima Women's College, (48):1-4, 2013
  3. 小笠原諸島(父島・母島)のハナバチ類に関する夏季調査結果(膜翅目).日本昆虫学会九州支部会報PULEX,(90):1, 2011.
  4. 香川県で採集された訪花ハナバチ類とキムネクマバチによる新奇な授粉様式の可能性.香川大学農学部学術報告,63:43-59, 2011.
  5. 最近日本から発見されたツツハナバチの一種ムラカミツツハナバチ(新称) Osmia (Pyrosmia) submicans.昆虫と自然(東京),46(2):27-29, 2011.
  6. Osmia (Pyrosmia) submicans Morawitz, a species new to Japan (Hymenoptera, Megachilidae).
     Chugoku Kontyu, (24):71-72, 2010.
  7. 太平洋島嶼と日本のクマバチ.月刊むし(東京),(467):2-7, 2010.
  8. A colletid bee, Hylaeus (Nesohylaeus) niger Bridwell newly found from Iriomote Is.,the southernmost archipelago of Japan (Hymenoptera, Colletidae). Chugoku Kontyu, (23):22, 2009.
  9. Ants, wasps and bees of Kuro-shima, northern Ryukyus, Japan (Hymenoptera, Aculeata).Bulletin of Minami-kyushu Reginal Science. (24):1-9, 2008
  10. Description of a new species belonging to the ruficornis species group of the genus Nomada (Hymenoptera, Apidae) from Yakushima Island, Japan, with an updated list of Nomada species from Yakushima Is. Japanese Journal of Systematic Entomology, 13(2):391-396, 2007.
  11. Ants, wasps and bees of Iwo-jima, northern Ryukyus, Japan (Hymenoptera, Aculeata).Bulletin of Minami-kyushu Reginal Science. (23): 1-7, 2007.
  12. クラカタウ諸島近隣2島の調査紀行とハナバチ相に関する話題.昆虫と自然(東京).41(7):18-25, 2006.
  13. 屋久島人里地域における野生ハナバチ相の生態的研究.鹿児島女子短期大学紀要.(40):1-20, 2005.

ほか