学科紹介

生田 和也

  • 氏名 : 生田 和也 (イクタ カズヤ)
  • 職名 : 講師
  • 所属名 : 児童教育学科
  • E-mail :
  • Webサイト :

担当授業科目

英語演習I・II、英語I・II、外国語活動に関する指導法、文学

専門分野

アメリカ文学、英語教育

学位

英米言語文化修士(北九州市立大学)

所属学会等

日本英文学会、日本アメリカ文学会、日本ナサニエル・ホーソーン協会

現在の研究課題

アメリカ文学における子どものイメージ
英語指導へのアクティブ・ラーニングの効果的利用

研究内容キーワード

子どものイメージ、アメリカ文学・文化史、英語教育、外国語活動、異文化理解

研究業績

【著 書】
  1. 『ホーソーンの文学的遺産』(共著)開文社 2016年
  2. 『ロマンスの迷宮:ホーソーンに迫る15のまなざし』(共著)英宝社 2013年
【論 文】
  1. 「『老いた子供たち』:『七破風の屋敷』における老いのイメージ」日本ナサニエル・ホーソーン協会『フォーラム』(19号) pp. 1~15, 2014年
  2. “The Tar-and-Feathering in ‘My Kinsman, Major Molineux’”『九州大学比較社会文化研究』(31号) pp. 1~11, 2012年
  3. “The Romantic Child in the American Home: Hawthorne's Violet, Peony, and Annie” 『九州大学比較社会文化研究』(23号) pp. 93~101, 2008年
  4. 「家庭の探求:Hawthorne作品にみる過渡期の子ども像」『北九州市立大学大学院紀要』(21号) pp. 53~77, 2007年
  5. The Image of the Child in Hawthorne’s Fiction 修士論文(北九州市立大学外国語学研究科) 2007年
【翻 訳】
  1. 「猛烈な嵐のあとで――マーガレット・フラー没後伝」(Megan Marshall著)『越境する女:19世紀アメリカ女性作家たちの挑戦』開文社 pp. 203~223, 2014年
【主要な研究発表】
  1. 「ドナテロとジュリア・パストラーナ:『大理石の牧神』におけるノンデスクリプト表象」第68回日本英文学会九州支部大会 2016年
  2. 「長崎県立大学国際情報学部国際交流学科の英語教育:到達目標とその評価」第53回大学英語教育学会国際大会ポスター発表 2014年
  3. 「長崎県立大学国際交流学科の交換留学・海外語学研修制度:グローバル人材育成のために」第53回大学英語教育学会国際大会ポスター発表 2014年
  4. 「『緋文字』に見られる老いの表象」第33回日本ナサニエル・ホーソーン協会全国大会ワークショップ 2014年
  5. 「老人と猫:Clifford Pyncheonの変身」第32回日本ナサニエル・ホーソーン協会全国大会 2013年
  6. 「Priscillaの変身:労働と階級をめぐって」第59回九州アメリカ文学会2013年
  7. “Pearl and the Changing Opinions about Childhood” 科学研究費補助金基盤研究(B)「大西洋交易の変容とアメリカン・ルネッサンス」主催ワークショップ 2012年
  8. 「Hester Prynneの恋愛と結婚」第61回日本英文学会九州支部大会 2011年
  9. 「ロマンスのポリティクス:The Scarlet Letterの政治性をめぐって」第54回九州アメリカ文学会2008年
  10. 「結末から読む“My Kinsman, Major Molineux”」 第60回日本英文学会九州支部大会2007年
  11. 「ホーソーン文学の子ども像:短編小説を中心に」 第59回日本英文学会九州支部大会 2006年