学科紹介

谷川 知士

  • 氏名 : 谷川 知士 (タニガワ サトシ)
  • 職名 : 教授 生活福祉専攻主任
  • 所属名 : 生活科学科 生活福祉専攻
  • E-mail : tanigawa+jkajyo.ac.jp
  • Webサイト : -


担当授業科目

社会福祉,社会福祉概論,社会福祉援助技術,社会と制度の理解,人間の尊厳と自立,社会保障制度,コミュニケーション演習

専門分野

社会福祉,障がい者スポーツ,スポーツ健康科学,スポーツ心理学,発達障がい

学位

修士(スポーツ健康科学)〈福岡大学〉

他(社会福祉士,介護支援専門員)

所属学会等

日本健康支援学会,日本スポーツ心理学会,日本スポーツ精神医学会,九州発達障害療育研究会,九州スポーツ心理学会

現在の研究課題

発達障がい児・者の歩行動作,健康体力づくり,支援者への支援プログラム開発

研究内容キーワード

発達障害,健康体力づくり,支援プログラム

研究業績

論文・発表
  1. 谷川知士(2015),障害を有する人のスポーツに関する立場から、障害者権利条約にみるスポーツ 日本スポーツ精神医学会シンポジウム,第12巻,pp8-10.
  2. 谷川知士(2014),九州発達障害療育研究大会 鹿児島大会会長
  3. 谷川知士,山本勝昭,徳島 了,坂元瑞貴,今村律子(2014),小学校低学園における発達障害児の歩行動作の特徴,スポーツ精神医学,第11巻,pp52-59.
  4. Satoshi Tanigawa,Kastuaki Yamamoto,Rityuko Imamura(2013),A Research on the Gait Analysis of Children with Developmental Disabilities. The ISSP 13th World Congress of Sport Psychology 21-26 July. Programme. pp65.
  5. 松元理恵子,宮里新之介,谷川知士,他(2011),抑うつ感と身体不調感から見た女子短期大学生の精神的健康の現状と課題, 鹿児島女子短期大学紀要第46号, pp193-203, 2011年.
  6. 谷川知士(2009), アスペルガー症候群への運動介入効果について, 日本スポーツ心理学会, 第36回大会, pp100-101.
  7. 谷川知士,徳島了,山本勝昭(2009), アスペルガー症候群への運動介入についてPart1, 九州発達障害療育研究会, 第10回大会発表.
  8. 谷川知士(2008), ダウン症の生活支援について, 九州発達障害療育研究会.沖縄大会,ワークショップ講演.
  9. 谷川知士,西内久人,安西清美,小畑貴子(2003), スポーツセラピーセンター(STC)での健康支援の試み, 日本健康支援学会,健康支援,第5巻,(1),76.

(著書)

  1. 「演習・保育と保護者への支援」(共著),みらい,2016.1. pp177-194
  2. 「考え・実践する保育相談支援」(共著),保育出版社,2012. 6. pp135-144.
  3. 「実践から学ぶ社会的養護内容」(共著),保育出版社,2011. 10. pp104-105.