学科紹介

山崎 歌織

  • 氏名 : 山崎 歌織 (ヤマザキ カオリ)
  • 職名 : 准教授 食物栄養学専攻主任
  • 所属名 : 生活科学科 食物栄養学専攻
  • E-mail : -
  • Webサイト : -

担当授業科目

調理学,調理学実習I・II,調理学特論I・II,栄養教育実習事前事後指導,栄養教育実習,教職実践演習(栄養教諭)

専門分野

調理科学

学位

博士(水産学)〈鹿児島大学〉
家政学修士〈東京家政大学〉

所属学会等

日本調理科学会,日本家政学会,日本栄養士会,鹿児島県糖尿病協会栄養部会

現在の研究課題

味噌漬によるカツオ肉の品質改善と味噌の有効性に関する研究
行事食(正月料理)に関する研究

研究内容キーワード

カツオ,味噌,テクスチャー,抗酸化能,遊離アミノ酸,正月料理,行事食

研究業績

  1. 山崎歌織(2009),味噌漬によるカツオ肉の保存延長および食味保持の効果に関する研究,鹿児島大学大学院連合農学研究科 博士論文
  2. 山崎歌織(2009),味噌漬魚肉に関する研究,平成20年度日本調理科学会奨励賞受賞記念論文,日調科誌,42,8-14,
  3. 山崎歌織,外西壽鶴子,御木英昌(2008),味噌漬カツオ肉と漬味噌におけるタンパク質および遊離アミノ酸の変動とプロテアーゼ活性について,日調科誌,41,189-195
  4. 山崎歌織,宮内朝世,外西壽鶴子(2010),鹿児島県における正月料理の伝承および喫食状況に関する調査―「手作り」「市販品」「頂き物」料理の割合と年次変化―,鹿児島女子短期大学紀要,45,23-38
  5. 宮内朝世,山崎歌織,外西壽鶴子(2011),鹿児島県における正月料理の伝承および喫食状況に関する調査II―正月料理に関する地域別意識調査と調理学実習の教育効果―,鹿児島女子短期大学紀要,46,13-32