お知らせ

2017年度後期行事等紹介17(学外研修II:10月)

 

教養学科2017年度(後期)行事等紹介(No.17)(10月)

 

◆10月17日(火)「学外研修II」(教養学科1年生)◆

 

  本年度は、第1部(午前)では、鹿児島銀行グループ(株)九州経済研究所の講師によるビジネスマナー研修(かぎん会館With)、第2部(午後)では、南日本新聞社見学が実施されました。

 

  • (ビジネスマナー研修の様子)

2017kstudy2_01w.jpg 2017kstudy2_02w.jpg 2017kstudy2_03w.jpg

 

  • (南日本新聞社見学の様子)

2017kstudy2_04w.jpg 2017kstudy2_05w.jpg 2017kstudy2_06w.jpg

 

★学外研修II:学生の感想★

・今回の研修で「人の印象は3秒で決まる」という言葉が一番印象的でした。私は面接の時に緊張して上手に話せなくなるため、最初の3秒で印象が決まることは、逆にチャンスではないかと感じました。そのため、印象アップの原則である、身だしなみ、表情、態度・動作、挨拶、言葉遣いを身につけ、私の欠点を補えるようにしたいと思います。

   先生方との会話やアルバイトなど、日常の生活の中で自然とできるようになれば、社会人として良いスタートができるので、これからは、学生として過ごすこの時間を「社会人になるための訓練期間」として捉え、充実した学生生活を送りたいと思います。

    (教養1年:T.M.さん)

 

・新聞が各家庭に届くまでの行程を見るのは初めてのことで、大変興味深く見学しました。取材から記事の締切に印刷と、短時間のスケジュールの中で、あれだけ多くの情報が詰め込まれ、試し刷りをして誤字脱字のチェックまで行われた新聞を鹿児島県内全域に届けていることに感動しました。

   新聞にはどちらかといえば起こったことの多くが掲載されていると感じますが、「未来に立って先を読む」との思いを込めて作られているとのお話しをうかがい、先を読むことは、過去に起きたことや現在起きていることを理解し、見つめることで未来が見えてくるということなのかもしれないと思いました。

   (教養1年:T.M.さん)