お知らせ

2018年度前期行事等紹介10(地域とマスメディア:6-7月)

 

教養学科2018年度(前期)行事等紹介(No.10)(地域とマスメディア:6-7月)

 

◆6月11日(月)「インターネットの取り組み」 (教養学科1年生)◆

 

  講師: MBC編成局デジタルメディア部  白 坂 麻 生 様

 

 

★インターネットの取り組みについて:学生の感想★

・今までの「取材→記事→テレビ・ラジオ」に、現在では「ネット」が加わり、メディアの伝え方も時代とともに変化していることを実感しました。ネットで見ている人の7割がスマートフォンを利用しており、そのニーズに合わせて、画面を編集して工夫をされていることがわかりました。

   ネットを活用する上で大切にされていることは「正確・速さ・利便性」とうかがい、これからネットを活用する際には、その点を十分に考えたいと思いました。

   (教養1年:N.A.さん)

 

 

◆7月2日(月)「ラジオ番組制作体験」 (教養学科1年生)◆

 

  講師: MBC編成局ラジオ部  七 枝 大 典 様

 

2018mbc070201w.jpg 2018mbc070204w.jpg 2018mbc070205w.jpg

 

★ラジオ番組について:学生の感想★

・ラジオディレクターのお仕事は、番組の趣旨に沿った内容を企画・構成し、有益な情報を提供して、多くの方々に聞いていただくことで、出会った「ヒト・モノ・コト」を皆様とシェアすることだとうかがいました。

   インスタグラムやツイッターなどのSNSでも情報が発信されていることで、リスナーの意見も取り入れられ、質の高い番組を制作されていることがわかりました。ラジオには多くの魅力があると思いました。これからはラジオを聴けるアプリも利用したいと思います。

   (教養1年:H.Y.さん)

 

 

◆7月9日(月)「気象情報について」 (教養学科1年生)◆

 

  講師: MBC報道部  大 山 有布佳 様

 

2018mbc070901w.jpg 2018mbc070902w.jpg 2018mbc070904w.jpg

 

★気象情報について:学生の感想★

・伝えたいことを決めて画面や原稿を作り、視聴者の方に正確な情報を届ける作業を1人でなさっていると聞き、とても責任のある大変なお仕事だと思いました。MBCでは、防災情報に力を注がれており、3名のウェザーキャスターの皆様が、災害時には必ず1名はその場にいることにしているとうかがい、視聴者として、情報のありがたさを感じました。

   携帯で確認することが多くなった気象情報ですが、テレビでは実際の雲の動きや気圧など、多くの情報を得ることができるため、これからは、テレビで天気予報の情報を確認して、その良さを家族にも伝えていきたいと思います。

   (教養1年:N.Y.さん)

 

 

◆7月23日(月)「タレントの仕事について」 (教養学科1年生)◆

 

  講師: MBCタレント 柴 さ と み 様

 

2018mbc072301w.jpg 2018mbc072303w.jpg 2018mbc072305w.jpg

 

★タレントの仕事について:学生の感想★

・今回の講義では、「伝えること」について学びました。実際に私たちもキャッチコピーを使った宣伝を考える体験をしましたが、人々に興味を持たせるための言葉選びの難しさと、人々をひきつけるための工夫の難しさを実感しました。

   他のグループの発表を聴いた際に、「これはいい!」と思った時、私がそのキャッチコピーにひきつけられているのだと思いました。これからは、友達や先生方に言葉で情報を伝える際、相手にしっかりと伝わっているか、伝わるように話せているかを意識しながら話していきたいと思いました。

   (教養1年:H.H.さん)

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

SNSでも教養学科の情報を発信しています。
ぜひご覧ください。
・Twitter:@鹿女短教養学科
・Instagram:鹿女短教養学科

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::