お知らせ

2018年度前期行事等紹介3(ライフデザイン論I:5月)

 

教養学科2018年度(前期)行事等紹介(No.3)(ライフデザイン論I:5月)

 

◆5月9日(水)「効果的な自己PR」 (教養学科2年生)◆

 

  講師: A-cube株式会社  立 元 昭 子 様

 

201805klife01w.jpg 201805klife02w.jpg 201805klife03w.jpg

 

★自己PR:学生の感想★

・今まで自己PRなどの作成は苦手でしたが、今回の講義を受けて、自分の強みの見つけ方や話しの構成の仕方を学ぶことができました。

   アピールできるポイントをたくさん見つけておき、多種多様な企業から必要とされる人材像に合う点を強みとして持つことは、とても魅力的だと思いました。友人からの客観的な評価を受けることで、自己分析により深みもたせることを考えていきたいと思います。

   (教養2年:T.A.さん)

 

◆5月16日(水)「歴史に見る薩摩女性」 (教養学科2年生)◆

 

  講師: 放送大学大学院歴史研究会 島 津 登志子 様

 

201805klife04w.jpg 201805klife05w.jpg 201805klife06w.jpg

 

★薩摩の女性:学生の感想★

・講義のタイトルを見て、「歴史」を学ぶと考えていた私は、それぞれの時代で強く生きた薩摩の女性のお話に、深い感銘を受けました。紹介していただいた薩摩の女性すべてに当てはまるのが、「芯の強さ」であり、時代の流れや習わしに翻弄されながらも、自分らしく強く生き抜いた女性の生き方は、とても現代にも繋がるものだと思います。

   自分の人生だけではなく、周りの方々、そして過去を生き抜いてきた方々の人生を知ることもとても重要なことだと思いました。

   (教養2年:T.M.さん)

 

◆5月30日(水)「自己演出のすゝめ」 (教養学科2年生)◆

 

  講師: 演出家  竪 山 博 之 様

 

201805klife07w.jpg 201805klife08w.jpg 201805klife09w.jpg

 

★自己演出:学生の感想★

・「自己演出のすゝめ」というタイトルで、どのようなお話を聞けるのかとても楽しみでした。「自己演出」といっても、その場その場だけではなく、「自分の人生」そのものにおいて、演出があるということに驚きました。これまでを振り返ってみると、確かに人生の選択をしていることに気がつきました。

   「一番やりたい仕事は何か」と質問されて、一番に思い浮かぶことは昔から変わってはいません。やりたい仕事をするということは難しいかもしれませんが、何年かかってもやり遂げたいという決意を新たにしました。「自分を変えるのは自分自身」、それを忘れずに、これからの人生における選択を一つひとつ大切にしていきたいと思います。

   (教養2年:H.S.さん)