お知らせ

♪ 食物栄養学専攻 ♪ 留学生と一緒に、美味しい鹿児島再発見!!

7月9日(土)、サンエールかごしま(鹿児島市)において、国際交流イベント「美味しい鹿児島再発見」が開催されました。(志學館大学、NPO法人若者・留学生サポートステーション響共催)

このイベントは、鹿児島に来ている留学生と一緒に、鹿児島の食材を使って料理を作り、みんなで楽しんじゃおうというイベントです。

私たちも今回が初めての参加でしたが、鹿女短に台湾から来ている留学生6名と一緒に、エンジョイしてきました!

 

4月末に、この国際交流パーティーに参加することが決まってから、まず、どんなお料理で『オ・モ・テ・ナ・シ』をすればいいか、みんなで一生懸命考えました。

IMG_4421.JPG

 

5月には、試作をして実際に食べてみて、どの料理なら留学生と一緒に作れそうか、どのような料理が留学生に喜んでもらえそうか、そしてパーティーを盛り上げられるような料理は何かなどの検討を行いました。

IMG_1373.JPG

 

さらに試作・検討を重ねて、この3品に決定しました(^^♪

IMG_1377.JPG

右上にあるのは、「カツオ節とヨーグルトクリームのカナッペ」です。
華やかな感じでパーティーにはぴったりなうえ、自分で好きなものをトッピングできるので、留学生にもきっと喜んでもらえるに違いありません!

次に右下は、「カツオ節とキャベツのお好み焼き風春巻き」です。
パーティーの時でも食べやすいように、鹿児島の豊かな食材を春巻きの皮で巻いたものです。春巻きの皮のパリッと感、ジャガイモのほっくり,シャキシャキ感、ソースのトロッと感の3つの食感を楽しむことができます。

そして左にあるのは、デザートの「オクラかるかん」です。
指宿産のオクラを粉末にしたオクラパウダーを使用し、鹿児島県の銘菓である「かるかん」を作ってみました。

 

これらの料理をさらに魅力的なものにするため、6月18日にはたわわタウン谷山に行って、"農家レストランたわわ"の岡元料理長やJAの管理栄養士の北之口さんにご指導をいただき、使用する食材を再検討しました。

鹿児島の旬の食材を追加し、エゴマやみずみずしく煮崩れしにくい長島産の赤土ジャガイモ、ジューシーで美味しい豚肉であるJAのチャーミートン(「緑茶粉末」と「さつまいも」が入った飼料で育てた豚)や春巻きの味の決め手をなっている枕崎産のかつお節をたっぷり使用することになりました。

IMG_1445.JPG IMG_1484.JPG

IMG_1538.JPG

 

7月に入り、いよいよ国際交流イベントも目前に迫った2日の土曜日には、台湾から短大に留学して来ている2名の留学生とともに、最終的な確認のための試作を行いました。

IMG_1598.JPG IMG_1612.JPG

 

そして迎えたイベント当日。

MBCの取材も入り、緊張感あふれる中、料理紹介のプレゼンを行い・・・

IMG_1667.JPG

 

たくさんの留学生と一緒に料理を作り・・・

IMG_1696.JPG

 

完成でぇ~す!

IMG_1706.JPG

 

今年は、総勢49名(その半数以上が志學館大学・鹿児島女子短期大学・鹿児島大学・九州日本語学校の留学生)の参加者があり、今までで一番多かったそうです。

IMG_1711.JPG

 

気になるレシピは、こちらをご覧ください♪

MBC南日本放送で、7月に始まったばかりの、新番組「たわわのわ」(JA提供・毎週日曜日11:40~11:45放送)で、7月24日と31日の2回に分けて、取り組みの様子が放映されることになっています。是非ご覧ください!

そして、来年は一緒にイベントを楽しみませんか?ご参加お待ちしています♪

 

美味しい鹿児島の『食』再発見プロジェクト(2016年7月24日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】