お知らせ

公開講座「高齢者の健康づくり講座」第1回を開催しました。

 7月5日(金)、鹿児島市教育委員会の後援により、令和元年度 鹿児島女子短期大学公開講座(かごしま県民大学連携講座)「高齢者の健康づくり講座」を開催いたしました。

 第1回目は、浄土真宗本願寺派 善福寺 長倉住職による講座で、「生き方、死に方を仏教から学ぶ」をテーマに29名の方が受講されました。

 長倉住職の講座は、毎年多くのお申し込みをいただき、本講座の中でもリピーターが多く人気の講座です。住職の経験や実話を交えながらのお話しは、皆さまの心に響き笑いあり涙ありの講座となりました。講座終了後には、これからを大切に感謝を忘れず人生を送りたいなど、それぞれに思いの詰まった感想を多く聞くことができ、とても充実した時間をお過ごしいただけたご様子でした。
 多数のご参加ありがとうございました。

<受講生の感想>
  • これからの生き方を教えていただいた大切な時間でした。このような講座に参加できて感謝致します。
  • 故主人の病気中の様子が思い出され、主人の日々の様子が本当に感心する事柄の多いのを改めて感じた。故人への思いが懐かしい日となった。
  • 心の持ちようというものの大切さがわかったような気がします。
  • 先生の話のたびにいろいろな事を気づかされます。何度でも聞く機会がほしいです。
  • 涙も出ましたが、心がホッとしてうれしい気持ちになりました。
  • 大事に生きたいと思い、家族に感謝を忘れずにいい人生を送ることを願いました。
  • 人生において心がけひとつでさらに良い方向を向けるということを学びました。死ぬことを悲しむだけでなく生まれた以上必ず死ぬから、大切に生きたいと思いました。
<講座の様子>

@IMG_9521.jpg @IMG_9533.jpg @IMG_9527.jpg

講座名:「生き方、死に方を仏教から学ぶ」 

講 師:長倉伯博 氏(浄土真宗本願寺派 善福寺 住職)

 

※次回講座は9月6日(金)開催予定、テーマは「鹿児島市における介護予防への取組」です。
 詳しくは、こちらをご覧ください。