お知らせ

公開講座「すこやか子育て支援講座」(後期・第2回)を開催しました。

 本学では10月24日(水)、鹿児島市教育委員会の後援により「すこやか子育て支援講座」を開催いたしました。

 後期の第2回目は、本学 児童教育学科 宇都弘美 教授による講座で「子どもの基本的生活習慣の確立と病気の予防」をテーマに18名が受講され、うち16名が託児を利用されました。

<受講者の感想>
  • 漠然と生活していた中で今日の講義を受けて、頭の中が少し整理できた気がします。
  • How Toより実際の講義のほうが頭に入って楽しかった。
  • 今、8ヶ月の子どもがいるのですが、おむつはずしのこと、離乳食のこと、病気のことなど、とても参考になりました。
  • 基本的な生活習慣について、何となくはわかっているつもりでも、それが正しい情報や知識なのかどうかというのは自信が無かったので、今回講師の先生のお話しを聞くことができて勉強になりました。
  • 生活習慣を身につけさせてしっかりできるようにさせたいです。
  • 基本的な生活習慣を小さい頃に身につけておくことが、子どもが大きくなったときに大きく影響するということがよくわかった。褒める、子どもに選択させる、ということを今後の育児の軸にしたい。
  • 育児書とは違った話が聞けてよかった。早速、家でも色々と心がけていきたい。
  • 食事を食べなくて困っていたのですが、先生の話をきいて、幼児はそんなものなのかと少し気が楽になりました。バランス良く、楽しく食べてもらえるよう自分も余裕をもって育児をしようと思いました。  
  • 託児室がどのようなところ(雰囲気)か、気になっていましたが、先生方の対応がとても良くて安心しました。

 受講者からは、今後の子育てに取り入れたいなどのお声が多く、さらに詳しく教えて欲しいと講座時間延長のご要望もいただきました。また、今後取り上げて欲しいテーマとして、離乳食や幼児食などの食に関する内容が多く、今後の講座に参考となるようなご意見・ご要望もいただくことができました。
 多数のご参加ありがとうございました。

<講座の様子>

@IMG_8140.jpg @IMG_8158.jpg

     講座名:「子どもの基本的習慣の確立と病気の予防」

     講 師: 宇都 弘美 (鹿児島女子短期大学 教授)

 

次回、本講座の開催は11月14日(水)、テーマは「子どもの発達の基礎知識」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。