お知らせ

公開講座「高齢者の健康づくり講座」第4回を開催しました。

 10月24日(木)、鹿児島市教育委員会の後援により、令和元年度 鹿児島女子短期大学公開講座(かごしま県民大学連携講座) 「高齢者の健康づくり講座」を開催いたしました。

 第4回目は、本学 宮里新之介 准教授による講座で、 「からだとこころをゆるめよう ~臨床動作法のご紹介~」をテーマに24名の方が受講されました。

 高齢期による体力や社会的役割の変化などを例にあげ、高齢者の健康づくりに必要なからだとこころの健康について 学んでいただきました。また、講座後半は臨床動作法という心理療法を実際に体験しながら、からだとこころのリラックスを感じていただきました。臨床心理士でもある宮里准教授のユーモアある講義と分かりやすい説明にとても満足していただけたご様子で、講座修了後には質問や相談をされる受講者も多く、本講座への興味・関心の高さを感じました。多数のご参加ありがとうございました。

<受講生の感想>
  • かねての運動不足が感じられましたが、本日は身体が軽くなりました。
  • 今日の講義を拝聴し、ポジティブに生きることを心がけたいと思います!
  • 本題のように心も体もリラックスできて大変良かったです。
  • 本日の講座で学んだことを心がけ健康な日々を過ごしたいと思います。
  • 前向きにいろいろな機会をとらえ参加し楽しみを見出して生活していこうと感じた。
  • すばらしい実技の講習有難うございました。日常生活の中に取り入れていきます。
  • 心の健康、毎日今日行く(きょういく)今日用(きょうよう)をもってハプニングも楽しみにしていきたいと思います。
<講座の様子>

@IMG_0244.jpg @IMG_0246.jpg @IMG_0261.jpg @IMG_0255.jpg

講座名:「からだとこころをゆるめよう ~臨床動作法のご紹介~」 

講 師:宮里 新之介(鹿児島女子短期大学 准教授)

 

なお、本年度の「高齢者の健康づくり講座」は、10月24日をもちまして全4回の講座を全て終了いたしました。 受講者の皆さま、ありがとうございました。