大学案内

基本方針 3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学に2年以上在学し、各学科又は専攻それぞれの教育上の目的に沿った本学所定の教育課程により定められた単位を修得し、教授会の議を経て卒業が認められます。また、卒業者には、本学学位規程に基づき、短期大学士の学位が授与されます。

児童教育学科
一般教養のディプロマ・ポリシー

(1) 主体的に学び、多様な考え方に触れ、柔軟な思考ができる。
(2) 自己を高めるとともに、他者との関わりを良好に保つことができる。
(3) 地域への関心を深め、地域活性化の担い手として課題解決に意欲的に取り組む。
(4) 社会や文化に対して関心を持ち、広い視野に立って、社会に参画する力を持つ。

児童教育学科のディプロマ・ポリシー

以下の観点から、各科目について筆記試験等による厳正な評価を実施し、「子どもを育てることを通じて社会に貢献する」人間にふさわしい資質・能力を身に付けたと判定された学生を、社会に送り出しています。

(1) 子どもに対する共感・受容や人権への配慮など、愛情をもって子どもにかかわるために必要な力を備える。(子どもにかかわる力)
(2) 小学校教育・幼児教育・保育に必要な専門的な知識と技能を習得するとともに、それらを活用・実践し問題を解決する力を身に付ける。(専門的な知識・技能)
(3) 将来にわたって子どもや社会及び教育・保育現場の実態を踏まえながら理想の教育・保育を目指し、そのために探究し続け向上しようとする態度を養う。(探究・向上心)
(4) 確固とした倫理観・責任感をもって職務に当たり、教育・保育を通じて社会に貢献しようとする意識を高める。(社会貢献)
(5) 協働的な活動をとおして、思考力・判断力・表現力やコミュニケーション能力・人間関係調整能力を高める。(協働性)
(6) 心身ともに健康で、教育者・保育者かつ社会人としてふさわしい人格を形成する。(専門的職業人及び社会人としての人格形成)

生活科学科
一般教養のディプロマ・ポリシー

(1) 主体的に学び、多様な考え方に触れ、柔軟な思考ができる。
(2) 自己を高めるとともに、他者との関わりを良好に保つことができる。
(3) 地域への関心を深め、地域活性化の担い手として課題解決に意欲的に取り組む。
(4) 社会や文化に対して関心を持ち、広い視野に立って、社会に参画する力を持つ。

生活科学科 生活科学専攻のディプロマ・ポリシー

(1) 教育課程の履修を通して保健・養護分野の学力を身につける。
(2) 人や環境の多様性を理解し、豊かな人間性及び創造性を身につける。
(3) 現場で応用できる能力を身につけ、常に社会に貢献しうるよう自らを高めることができる。

生活科学科 生活福祉専攻のディプロマ・ポリシー

(1) 介護に関する専門的な知識と、人と社会を理解するための幅広い教養を身につける。
(2) 介護職として必要に応じたコミュニケーション能力を身につけ、サービス利用者の個別性に応じた介護サービスを提出できる専門的技能を習得する。
(3) サービス利用者の自己決定を尊重し、尊厳の保持・自立支援に関わる介護実践力を身につける。
(4) 自らの介護実践能力を評価でき、介護職のリーダーとして、よりよい介護実践の方向性を示す能力を身につける。
(5) 介護に必要な専門知識と技術を活用して自らの新たな課題を発見し、解決する能力を身につける。

生活科学科 食物栄養学専攻のディプロマ・ポリシー

(1) 栄養士として必要な食と健康に関する専門知識を身につける。
(2) 信頼される栄養士として自らを高め、他者と目的を共有し協働できる人材となることを目指す。
(3) 時代と社会の要請に応えうる栄養士として必要な専門的技能を習得する。
(4) 食と健康の専門家として幅広い知識やコミュニケーション能力を身につける。

教養学科
一般教養のディプロマ・ポリシー

(1) 主体的に学び、多様な考え方に触れ、柔軟な思考ができる。
(2) 自己を高めるとともに、他者との関わりを良好に保つことができる。
(3) 地域への関心を深め、地域活性化の担い手として課題解決に意欲的に取り組む。
(4) 社会や文化に対して関心を持ち、広い視野に立って、社会に参画する力を持つ。

教養学科のディプロマ・ポリシー

教養学科では,以下のような能力を身につけていることを要件とします。
(1) 実践力 現代社会で求められる知識及び技能を活用すること
(2) 創造力 しなやかな感性と自ら考える力で新たな発想をすること
(3) 情報力 ICT等を活用し、情報を収集、分析、発信すること
(4) 社会性 他者に共感し、コミュニケーションスキルを活かして行動すること
(5) 国際性 異文化とグローバル社会への理解を深め、国際的な視野を持つこと

専攻科
専攻科 児童教育専攻のディプロマ・ポリシー

専門的な研究に裏付けられた教育・保育に関する高度な知識・技能を有し、教育・保育に取り組む職責を自覚するとともに、その専門性を発揮して教育・保育の質を高め、社会に貢献しようとする意識を有すること。
各科目における試験や卒業研究の審査等を通じて厳正な評価を行い、高い専門性を生かして教育・保育を通じた社会貢献を行うにふさわしい資質・能力を身に付けたと判定された学生を、社会に送り出しています。

専攻科 生活科学専攻のディプロマ・ポリシー

生活科学に関する総合的な学力と豊かな人間性及び創造性を有し、社会に貢献しうる能力を有していること。

専攻科 食物栄養専攻のディプロマ・ポリシー

栄養士としてより高度な技能を有し、地域の食材に関する研究を通し、人々の生活の質の向上に貢献できる能力を有していること。

教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学は3学科3専攻から成り、「人格の完成をめざして高度の一般教育を授けるとともに、児童教育、生活科学及び教養に関する専門の知識技能を修得 せしめ、以って社会の福祉に貢献しうる有能にして教養豊かな文化的女性の育成」を基本理念とし、各学科又は専攻それぞれの教育上の目的に沿った教育課程を 編成します。

児童教育学科のカリキュラム・ポリシー

子どもの教育・保育に必要な原理及び理念を学ぶとともに、実践に必要な知識や技能を習得できるよう支援することで、高い専門性と教育・保育に対す る情熱や使命感をもち、子どもを育てることを通して社会に貢献できる小学校教諭・幼稚園教諭・保育士を養成するための科目を設定しています。
広い視野から多面的・多角的に教育・保育の在り方を考察できるよう、様々な内容の科目を設定しています。例えば、「教育心理学」「発達心理学」 等の心理学系の科目が複数設定されていますが、それぞれ担当者が異なり、学生に多角的な視点を与えられるよう配慮されています。また、幼稚園教諭免許状・ 保育士証取得希望者が履修する「保育内容」についても、幼児教育・保育の「遊びを通して子どもが総合的に成長する」という原則に基づき、音楽・美術・体 育・心理・環境等の専門性を有する教員が連携しながら、広い視野を持った教育者・保育者を育成できるカリキュラムを編成しています。小学校教諭免許状取得 希望者に対しては各教科教育法を全て必修とするなど、小学校教育の総合性を踏まえたカリキュラムを編成しています。
「教育実習」等を通じて情熱や使命感、社会人としての倫理観等を養うことも含め、このようなカリキュラムを通じて、知・徳・体のバランスのとれた総合的・全人的な教育者・保育者の育成に努めています。

生活科学科
生活科学科 生活科学専攻のカリキュラム・ポリシー

主に保健・養護の領域において、社会で役立つ実践的能力を身につけることができるように支援します。特に、養護教諭二種免許状と医療秘書実務士認定証、中学校教諭二種免許状(保健)、第一種衛生管理者免許取得に必要な科目を設定しています。

生活科学科 生活福祉専攻のカリキュラム・ポリシー

(1) 複雑多様化する福祉ニーズに対応できる介護福祉のスペシャリストとしての知識と教養の修得をめざす。
(2) 専門科目の「介護」では、実習や個別指導により、介護の専門性を身につけた実践力を高めるための科目を取り入れる。
(3) 福祉に関連したレクリエーション・インストラクター資格、ピアヘルパー受験資格、福祉住環境コーディネーター資格取得等に関する科目も多彩に取り入れる。

生活科学科 食物栄養学専攻のカリキュラム・ポリシー

(1) 健康の基盤である「食物」と「栄養」についての専門知識と技術を身につけ、地域社会の人々の健康づくりに貢献できる地域密着型の人材の養成と、給食実務に強く、的確な栄養指導と食教育ができる栄養士の養成をめざす。
(2) 栄養士に必要な専門科目はもちろんのこと、食の専門家をめざす人のために、栄養教諭をはじめとしてフードスペシャリスト、さらに日本茶アドバイザーなど地域の食文化に関する科目等も、多彩に取り入れる。

教養学科のカリキュラム・ポリシー

どのような時代にも対応できる基礎力養成と、地域に密着したキャリア教育を基盤とし、加えて、社会で必要とされる種々の資格が取得できるように、また、現代人の「新しい教養」も身につくように、カリキュラムを編成しています。

専攻科
専攻科 児童教育専攻のカリキュラム・ポリシー

子どもの教育・保育に必要な原理及び理念をより専門的に学ぶとともに、実践に必要な知識と技能について研究を深め、高い専門性と教育・保育に対する情熱や使命感をもち、子どもを育てることを通して社会に貢献できる教育者・保育者を育成するための科目を設定しています。

専攻科 生活科学専攻のカリキュラム・ポリシー

生活科学を総合的に把握する知識・技術を習得し、社会で役立つ実践的能力を身につけることができるよう支援する。

専攻科 食物栄養専攻のカリキュラム・ポリシー

(1) 専門必修科目の上に、臨床、地域保健、食品等に関する分野に対応できる知識や技術を習得・発展させることができる。
(2) 「栄養指導特論Ⅱ」では、病院・施設等での実習で、栄養指導者としての実践力を養成する。
(3) 管理栄養士国家試験の受験も配慮した科目を備えている。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

(1) 豊かな情操と高い教養を身につけることをめざす人
(2) 主体性を持って積極的に学び、自己を高めようとする人
(3) 高度な専門性を身につけ、社会の有為な人材となることをめざす人
(4) 人間に対する深い理解と豊かな人間性を身につけたい人

児童教育学科のアドミッション・ポリシー

(1) 小学校教諭・幼稚園教諭・保育士としての将来の目的意識をはっきりと持っている人
(2) 基礎学力を有し、子どもの成長・発達に関わる専門的な知識・技能を身につけようと努力する人
(3) 明朗活発で、協調性に富み、子どもの発見・驚き・不思議に共感できる魅力ある教師・保育士をめざし、教育および福祉に貢献しようとする人

生活科学科
生活科学科 生活科学専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 健康や病気に強い関心を持つ人
(2) 教育、医療をはじめ様々な職場において、健康支援やその増進、環境管理にたずさわる専門家として働くことを希望する人
具体的には、養護教諭、医療事務・医療秘書職、第一種衛生管理者
(3) 心と身体の支援者などをめざす人

生活科学科 生活福祉専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 人間がすき、人の世話をして社会に役立つ仕事をしたい人
(2) 人々の喜びや悲しみを自分のこととして共感することができる人
(3) 幅広い教養を身につけて、深い人間理解ができる人
(4) コミュニケーション能力があり、文章読解力と文章表現力を身につけたい人

生活科学科 食物栄養学専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 食の専門家として、学ぶ意欲を持ち、社会に貢献したいと望む人
(2) 基礎学力を備え、自ら考える力を持つ人
(3) 知的好奇心が旺盛で、自分の可能性に挑戦できる人
(4) 人と人とのつながりを大切にする人

教養学科のアドミッション・ポリシー

(1) 明るく元気でたくましく、失敗を恐れず何事にもチャレンジしようとする人
(2) 充実したキャンパスライフと豊富な社会体験を通して、自ら考える力や幅広い教養とコミュニケーション能力を身につけようとする人
(3) 基礎的な知識・技能を身につけた上で、社会人基礎力を築き、地域社会に貢献しようとする人
(4) 主体的に行動し、また他者の立場に立てる人

専攻科
専攻科 児童教育専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 教育・保育に関する強い問題意識を持ち、より専門性を高めようとする意欲を持つ人
(2) 高い専門性と教育的情熱を持った教育者・保育者として、社会に貢献しようという意思を持つ人
(3) 短期大学で2年間学んだと同等以上の、教育・保育に関する知識・技能を有する人

専攻科 生活科学専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 生活科学に関する基礎的内容を修得している人
(2) 生活科学に関するより深い学問を修得し、社会に貢献する意志のある人

専攻科 食物栄養専攻のアドミッション・ポリシー

(1) 食を通して、人々の幸せに貢献したいと望む人
(2) 食に関して、好奇心が旺盛で、想像力が豊かな人
(3) 食を取りまく諸問題(安全、安心、地球温暖化等)について関心のある人