学科紹介

卒業生からのメッセージ

*P27OG_市原知佳(1).jpg

特別養護老人ホーム 鹿屋長寿園 市原 知佳 さん

高校時代に祖母と暮らしたことがきっかけで福祉に興味をもったという市原知佳さん。現在は、故郷鹿屋の特別養護老人ホームで介護福祉士として高齢者の日常生活の支援を行っています。
以前から地元で働きたいと考えていた市原さんは、鹿女短在学中の実習現場でもあった現在の職場を選びました。勉強会なども多く鹿女短同様に学びの場があることも入職の決め手だったそうです。

今年で入職4年目。利用者の中にはコミュニケーションが難しい方もいますが、「そういう方が自分の行ったケアによって少しでも笑顔になってくれる時、特に仕事のやりがいを感じます」と市原さんは語ります。

生活福祉専攻での学びは今も日々の仕事の中で活かされているという市原さん。中でも「喀痰吸引」や「経管栄養」などの医療的ケアや、発語が難しい要介護者の気持ちの読み取りやコミュニケーション法などの授業は役立っていると語ります。 「特に2年生の時は施設の利用者さんと対話して情報を得ながら介護計画を立て実施するなど、かなり実践的な実習を経験しました。入職当初はその実習の記録をよく見返していましたね。」

誰からも信頼される介護福祉士をめざしたいと語る市原さん。その笑顔は今後も利用者さんの笑顔をさらに増やしていくことでしょう。