学科紹介

竹中 正巳

  • 氏名 : 竹中 正巳 (タケナカ マサミ)
  • 職名 : 教授
  • 所属名 : 生活科学科 生活科学専攻
  • E-mail : -
  • Webサイト : -

担当授業科目

解剖学I・II,生理学,解剖生理学実験,人類学,教職実践演習(養護),教職実践演習(保健),人体構造学特論

専門分野

自然人類学,解剖学,骨考古学

学位

博士(歯学)〈鹿児島大学〉

所属学会等

日本人類学会(評議員),日本解剖学会,日本考古学協会,考古学研究会,American Association of Physical Anthropologists

現在の研究課題

東アジア・太平洋地域における古人骨形質の時代変化と地域差
南九州古墳時代人の人類学的位置づけ
歯根形態の人類学的マーカーとしての有用性

研究内容キーワード

骨格と歯の形態変異,熊襲・隼人,日本人の起源,東アジアの人類史

研究業績

  1. 台湾花蓮県萬栄郷馬遠村出土 ブヌン族頭蓋の形態的特徴(共著),Anthropological Science (Japanese Series) 122(1):145-155,2014
  2. 徳之島近世人に認められた二重下顎頭(共著),鹿児島女子短期大学附属南九州地域科学研究所所報24:11-16,2008
  3. 種子島広田遺跡出土の人骨-2005,2006年度出土人骨-(単著),廣田遺跡.南種子町埋蔵文化財発掘調査報告書15:180-187,2007
  4. 南九州から出土した先史・古代人骨の時代的特徴(単著),先史・古代の鹿児島(通史編),pp679?692,鹿児島県教育委員会,2006
  5. Tooth removal during ritual tooth ablation in the Jomon period(共著),Bulletin of Indo-Pacific Prehistory Association,21:49-52,2001
  6. Morphological traits of crania in modern Kyongsangnam-do Koreans(単著),Acta Anatomica Nipponica 69(5):645-660, 1994