入試情報

社会人入学

キャリアアップや新たな目標に向かって学ぶ社会人を応援します!

これまでの社会人としての経験から、新たな夢や目標に向かって学ぶ社会人学生が鹿女短には多く在籍しています。

「子どもに関わる仕事がしたい」、「家庭での経験から介護福祉や食の大切さを知った」、「PCスキルを学んで事務の仕事に就きたい」など、多様な経験が社会人入学のきっかけになっています。

社会人のための支援制度

  • 入学金減免制度

    社会人特別選考入学者は全員、入学金の半額が免除されます。

  • 経済特待生制度

    経済的事情で修学が困難な社会人入学者(専門実践教育訓練給付金制度利用者をのぞく)を対象に支援する制度です。

  • 長期履修学生制度

    仕事や家事等に従事する必要があるといった事情から、2年間の修業年限での卒業が困難と思われる人が、出願書類提出時に「長期履修学生制度」の適用を申し出た場合、3年又は4年の修業年限をあらかじめ認める制度です。 授業料、教育充実費等の学費は、認められた各自の在学年数に応じ分割して納めることになります。 なお、必要書類等、本制度に関することは、入試・広報課までお問い合わせください。

    長期履修学生申請書

  • 専門実践教育訓練給付金制度

    児童教育学科の社会人入学者のうち、雇用保険の一般被保険者(であった人)で、一定の条件を満たす場合は、本学に支払った教育訓練経費(学費)の一定の割合(上限あり)がハローワークから支給されます。

取得可能な免許・資格等

【児童教育学科】 小学校教諭二種免許状、幼稚園教諭二種免許状、保育士証、司書教諭、社会福祉主事任用資格、認定絵本士 など

【生活福祉専攻】 介護福祉士国家試験受験資格、介護保険実務士認定証、医事実務士認定証、レクリエーション・インストラクター、介護職員初任者研修修了証明書 など

【食物栄養学専攻】 栄養士免許証、栄養教諭二種免許状、専門フードスペシャリスト受験資格、フードスペシャリスト受験資格 など

【教養学科】 上級ビジネス実務士、上級ビジネス実務士(サービス実務)、情報処理士、ウェブデザイン実務士、上級秘書士、上級秘書士(メディカル秘書)、司書資格、認定絵本士 など

【全学科共通】 社会福祉主事任用資格、ピアヘルパー受験資格、日本茶アドバイザー資格認定証 など

 

社会人入学生からのメッセージ

  • N.Kさん (児童教育学科 小・幼・保コース / 40代)

     焼酎メーカーに14年勤務していましたが、社会科見学の小学生の案内や、地域の保育園の子どもたちと芋掘りをするイベントを企画する中で、「子どもと関わる仕事をしたい」という想いを諦めきれずにいる自分に気づき、社会人入学を決意しました。 入学後は、年齢は違えど同じ目標を持つクラスメイトと励まし合い、先生方のサポートをいただきながら教員採用試験に臨み、4月から小学校教諭として教壇に立つ夢を掴むことができました。

     
  • M.Hさん (児童教育学科 幼・保コース / 50代)

     私はこれまで生後1か月までの新生児と関わる仕事をしてきました。今後は、乳幼児と関わりたいという目標があり、セカンドキャリア準備期として児童教育学科で乳幼児の保育、発達について学ぼうと考えました。 現在は多くの先生や先輩、同級生に支えられながら、笑顔溢れる保育者をめざし、楽しく充実した学生生活を送っています。

  • R.Bさん (生活科学科 生活福祉専攻 / 20代)

     最初は接客業に就職しましたが、高齢者に対応したり自分の祖父母が高齢だったりしたこともあり、介護の知識や知恵を得たいと思い入学を決めました。 社会人入学の方が多く、幅広い年齢のクラスで、悩み事も皆で共有しながら充実した日々を過ごしています。皆で介護福祉士になれるよう支え合って夢を叶えたいです。

  • M.Uさん (生活科学科 食物栄養学専攻 / 30代)

     社会人として不規則な生活を送る中で、生きていく上で「食」は大事なものであると改めて感じ、食に関する知識・技術を専門的に身につけたいと思い、本学へ入学しました。 入学前の職と異なる分野のため、講義内容の理解や課題に苦労することもありますが、年下の友人たちと切磋琢磨しながら短大生活を楽しんでいます。

  • S.Hさん (生活科学科 食物栄養学専攻 / 40代)

     独身時代に数年間働いたあと、結婚を機に退職しました。専業で育児に専念する中、大切な家族の健康と自身の将来を改めて考えるようになり、栄養学に強い興味を持つようになりました。 栄養関係の資格は民間のものも含めて多くありますが、栄養士免許証を取ることをめざし、アクセスの良い鹿女短を選びました。

     
  • A.Tさん (教養学科 / 20代)

     自分のペースで学べることと司書資格が取得できることに魅力を感じ、入学を決めました。教養学科では、就職した際に活かせるスキルやマナー、さらに、多くの資格も取得することができます。また、学外研修や外部講師による講義は、鹿児島の歴史や文化に触れられ、教養を深める講義が多いため、知識の幅が広がりました。

     

    鹿児島女子短期大学 入試・広報課

    〒890-8565 鹿児島市高麗町6番9号
    TEL 099-254-9191(代表) 099-257-1754(直通)
    FAX 099-254-5914
    E-mail nyushi@jkajyo.ac.jp